Memento

誰のか知らない文章を酷い具合に切り刻んでダッシュボードの底でぐるぐると回して僕らはバターになる。

人は誰でも自分の物語を語りたがる。そしてそれが面白いことはまれであり、語り手に対して人間的な興味(愛情、好意)がある聞き手がいるという限定された条件の元でしか、それがきちんと相手に届くことはほとんどないと言ってよい。

Marginal Soldier: 雨のバス停